ウイルス性のいぼの手術にかかる治療費用の相場

女性達よ 美しさを掴み取れ

美容外科でキレイに除去

ドクター

保険適用となる治療も

美容外科でいぼ取りの手術を受けるなら、液体窒素を使うと保険が適用となります。ウイルスが原因で出来ているいぼであれば、一般的に1個につき1回600〜800円程度の自己負担で治療することが出来るので、金額面から言えば一番お得な治療法になります。内容は、患部に液体窒素を染み込ませた綿棒を押し当てて、低温火傷を起こして徐々にウイルスを除去する方法なので、日数をおいて何回か通う必要があります。施術自体はあっという間に終わるので、負担はほとんどありません。ただ、液体窒素で患部に火傷が出来るので、それがかさぶたになって治るまでちょっと待って、同じ場所に同じことを繰り返すことになります。一方、レーザーによる治療は全額自己負担となる自由診療ではありますが、1回の照射でほとんど治療が出来るのが何より魅力です。保険ではなく自由診療なので手術代は美容外科によってマチマチですから、事前にホームページなどで手術の内容と費用について確認しておくと良いでしょう。いぼの原因のほとんどはウイルスなので、通常はいぼの手術はメスによる切除などは行われません。表面を物理的に取り除いても、ウイルスが残っていればいくらでも再発してしまうからです。ただ、例外的に足の裏などにある硬くて古いいぼなどは、メスによる切除手術が選択されるケースもあります。レーザーなら治療による色素沈着の心配がなく、早くキレイに治すことが出来るため、現在ではとても人気もあります。中には液体窒素による治療が出来ない難治性のいぼもありますので、レーザーによる治療はとても有効な手段なのです。費用的には、いぼの大きさによって1回の照射費用を設定しているところが多く、5mm程度であれば5,000〜10,000円程度の設定が相場のようです。他に麻酔クリーム代が加算されたり、内服薬や外用薬と併用治療になったりする場合があります。基本的に炭酸ガスレーザーによる手術が出来ない美容外科はないので選ぶ時に困ることはありませんが、大きさや数で費用が変わるため、事前に確認しておくことをオススメします。どうしても精神的に負担を感じる人には、内服薬や外用薬での治療も可能なので、様々な角度から治療を提案してくれる美容外科を選ぶと良いでしょう。評判の高いクリニックは、実績もあり、美容の悩みや痛みの不安などにもきちんと応えてくれるところです。名前の通った大手ばかりではなく、症例が多く信頼できる美容外科を選ぶことが大切ですね。

見た目が変わる

ナース

自分でのケアはなかなか難しく取れにくいいぼですが、除去手術によって簡単に取れてしまいます。外科手術の他にも液体窒素を用いた方法やレーザーを使用する方法などがあり、保険が適用されれば手ごろな費用で除去できます。

どれ位の費用か

カウンセリング

いぼを美容外科で取り除く手術を行う場合、炭酸ガスレーザーを用いた方法が行われていますが、これは保険適用外の治療です。その為費用は病院によっても違いますが、傷跡が綺麗でさらに通院回数が少なくて済むので高い評判を得ています。

数種類の治療法があります

女の人

美容的にどうしても気になる顔や首にできてしまったいぼは、手術などで治療でき、レーザーや液体窒素などを使用するいくつかの方法があるので、まずは医師に相談し自分に合った方法を見つけることをおすすめします。

病院との違い

カウンセリング

いぼの除去手術を検討した時、病院に行くべきなのか美容外科に行くべきなのか迷う人もたくさんいます。女性の間では美容外科が人気となっていますが、その理由を知った上でどちらを受診するのか決めるようにすると後悔しません。