ウイルス性のいぼの手術にかかる治療費用の相場

看護師
  1. ホーム
  2. 病院との違い

病院との違い

カウンセリング

方法やメリット

いぼに悩んでいる人にとって、手術をするというのは大きな決断の一つです。その中でも、いぼ除去手術を病院に頼むのか美容外科に頼むのかも悩みがちです。最近では、美容外科でも簡単にいぼ除去手術を行うことができるので非常に人気となっています。また、美容外科が人気の理由としては、肌に関係してくることなので、アフターケアも充実しているということです。さらにいぼ除去手術を行う前にしっかりと事前のカウンセリングも行ってくれますので、自分が納得した上でいぼ除去手術ができます。方法はいくつかあり、大きさによってまちまちです。また、メスや機材を使用せずに除去する液体窒素治療があります。この方法は保険適用で行うことができますが、非常に治療に時間もかかります。また、小さなものの場合は正常な皮膚にも窒素が影響して炎症を起こす可能性があるので、美容外科では行なっていないです。メスを使用しない電気凝固法とメスを使用する切除法の2種類が基本です。電気凝固法は大きく盛り上がりのあるものに使用します。局所麻酔を行なって高い周波の電気を使用して患部を蒸散させて除去してくれます。この方法は複数のものを同時に除去することも可能です。施術自体は数分で完了しますし、局所麻酔を行なっているので、痛みも感じないです。そのため、非常に安心して行える方法とも言えます。施術後はテープで保護して自然にはがれるまで過ごすだけなので、術後のメイクなどもすぐにできることがメリットです。大体3ヶ月から半年かけて肌が綺麗に戻っていくので、万一不安点があれば美容外科に相談してみてください。次にメスを使用する切除法ですが、この場合はすぐに効果を得られることができます。ただ、当然傷は小さく残る場合もありますし、大きなものだと縫合が必要になってくる可能性もあります。そのため、術後は縫合している場合はメイクを避けるようにしてください。施術時間はこちらも数分で終わりますが、非常に大きなものだと数十分かかる可能性もあります。洗顔も当日は避けるようにして、翌日以降であれば通常と同じように洗顔やメイクが可能になってきます。また、縫合している場合は術後1週間経った頃に抜糸が必要となってくるので、その際に自分の状態や不安に感じていることがあれば相談してみるようにしてください。この方法でも、綺麗な肌に戻るまでに半年程度をみておく必要があります。いつまでも綺麗にならない場合や不安な場合はすぐに相談しに行くようにしてください。