ウイルス性のいぼの手術にかかる治療費用の相場

看護師
  1. ホーム
  2. どれ位の費用か

どれ位の費用か

カウンセリング

治療法とその費用

いぼは皮膚疾患の一つですが、美容外科でも治療できるようになっており、現在そこで綺麗に取り除いてもらっている人も大勢います。肌に出来るいぼは大きく2種類に分けることができ、一つはウイルス性で、もう一つはそれ以外のものです。美容外科で治療をする場合は、基本的に炭酸ガスレーザーを照射して根元からきれいにくりぬく方法が取られています。出血が少なく、さらに痛みも少ない、そして傷口を最小限に抑えることができるので、その後傷跡が目立ちにくい等のメリットもあります。さらに昔から行われている液体窒素を利用する方法に比べると通院回数が少なくて済む為、完治させるまでの時間が短くて済みます。ただ美容外科で炭酸ガスレーザーを照射する場合、審美面を重視した治療ということになるので、健康保険が適用されません。その為、この治療法を選ぶ場合は、基本的に全額自費で治療することになっています。さらに、病院側も自由診療なので費用を自由に設定することができます。また、美容外科によっても手術の設定料金は違っており、1個5000円程度で良いところもあれば、1万円、3万円と高額なところもあります。相場は1万円程度となっており、それよりも安いかどうかでどこの美容外科で手術を受けるかを決めることもできます。また1個当たりの金額を設定している場合もありますが、他にもサイズで料金設定している場合もあります。それぞれの病院で料金の設定額、さらに設定基準というのは違っているので、どこでも同じ費用で手術を行うことが出来る訳ではありません。ただ基本的にはいぼを除去する手術を行う場合は、大体どれだけ根深いか、さらにどれくらいのサイズかということに比例した金額になっていきます。このように見てみると、美容外科で手術をするのではなく、せっかくなら皮膚科で保険適用して治療する方が良いと思う人も居るかもしれません。しかし実は、美容皮膚科での治療は実際に治療を受けたことがある多くの人から高く評価され、推奨されています。理由としては、レーザーの方が液体窒素に比べると痛みが少なく、さらに通院回数が少なくて済むということが挙げられます。もちろん美容外科は審美面を重視した治療となるので、ただ単にいぼを取り除くだけでなく、取り除いた後の傷跡をきれいにすることも念頭に置いて治療が施されています。確かに保険は適用されないので全額自費となりますが、傷跡のきれいさ、さらに通院の回数等から高い評判を得ているのが実情です。