ウイルス性のいぼの手術にかかる治療費用の相場

看護師
  1. ホーム
  2. 見た目が変わる

見た目が変わる

ナース

綺麗になりたいと願うのは今も昔も変わらぬ女性の願いです。最近は女性に限らず男性も美に対する意識は向上しています。昔からいつまでも変わらず若くきれいでいたいというのは、多くの女性の望みであり、アンチエイジングに対して興味を持つ人は少なくありません。しかし、いざアンチエイジングを始めようと思っても、何をしたら良いのかわからないものです。一口にアンチエイジングといってもその方法は様々で、しわをなくして滑らかな肌を手に入れたり、クマをなくしてはつらつとした若々しい肌を手に入れたり、艶のある美しい肌を手に入れたいといった悩みによって、対策方法は異なります。美容液のように肌の外側からアプローチしたり、サプリメントを摂取して内側からアプローチするなど、自宅で行えるケアはたくさんあります。ですが、いくらサプリメントや美容液を用いてもどうしようもないのがいぼです。顔にあるいぼは大きすぎたり、たくさんあったりすると邪魔でしかなく、美しさを求めている方には、悩みにしかなりません。いぼといっても色々なものがありますが、傷口からウイルスが入ってできてしまうウイルス性いぼがあります。これは他人にも感染してしまうものなので皮膚科にいって治療が必要です。他には老人性いぼです。加齢によって肌の代謝が悪くなりメラニンが蓄積されてしまい、いぼやほくろになります。中高齢にできやすいですが、紫外線の浴びすぎにより代謝が悪くなることで若い人でもできることがあります。できてしまうと除去するのが困難です。自分でのケアは時間がかかります。肌代謝の悪化により起こることなので肌代謝を上げれば改善が望めますが、時間がかかってしまいます。他には、除去手術があります。手術となると少し怖い感じもしますが、今は簡単にいぼの除去を望めます。切除手術で切り取ってしまう方法と、液体窒素での凍結治療法があります。これらの除去手術はいぼを取るにはとても優れています。治るまでには2週間程度必要ですが保険適用の治療となるので安価で行うことができ、手術後はきれいな肌になるため跡も残りません。他にはレーザー治療があります。先ほど挙げた液体窒素で行う凍結除去手術より痛みを伴わず簡単にとることができます。凍結除去手術は少なからず痛みを伴います。いぼを焼き切るのでその時に痛みがあるときがありますが、レーザー治療は痛みもなく簡単にいぼを取ることが可能になります。ですがレーザー治療は保険適応外なので治療費が高くなってしまうのがデメリットでもあります。ですが長く悩み続けることよりは簡単にキレイを目指せ、手軽に手術を行える面ではとてもおすすめです。